プライベートで使用する名刺について

現在では、ビジネス目的だけではなく、プライベートにおいても盛んに名刺交換が行われています。

実際に、プライベートで名刺交換をしているのは、若い人が中心であることが多いのですが、比較的多くの人にとっては「何の意味があるのだろう?」といった印象を持っていると思います。

【[名刺の肩書]英語による肩書きの表記|SPEED名刺館】

英語による肩書き・部署の表記の参考資料です。会社や国によって言葉の意味合いが異なってきます。ですので、あくまでも参考程度にご覧下さいませ。

プライベートイメージ

プライベートでの名刺交換は、友達同士やインターネット上で知り合った人と会うときなどに使われますが、これらの目的はビジネス上と同じように自分の名前を覚えてもらうだけでなく、連絡先を交換する目的でも行われています。

ひと昔前では、名刺に記載されている連絡先は、ビジネス目的においても「電話番号」「ファックス番号」「住所」などでしたが、現在ではそれに加えて、「メールアドレス」「携帯電話番号」「TwitterのID」など多くの情報が加わっていることが多くあります。

これは、インターネットの普及や技術の進歩により、人同士のコミュニケーションの取り方が多様化しているためで、多くの手段によって知り合った相手とコンタクトを取ることが可能になっているからです。

これらの多くの情報を口頭やメールのやり取りなどで教えあうのは、多くの場合では手間になってしまいますし、メールアドレスなどは相手に聞きにくいケースもあると思います。

そのような理由から、自分の方から相手に自分の連絡先を渡す手段として名刺が使用されているのだと思います。
また、いろいろな人から個性的な名刺をもらうこと自体にも楽しみを感じてやり取りしている場合も多いようですね。

ページの先頭へ